激安販売 オンライン ピカル様専用ページ 他の方取引不可

激安販売 オンライン ピカル様専用ページ 他の方取引不可

  NCT 2021 universe ラキドロ トレカ マーク>TOP PAGEへ

No.4B
鋼鉄の孤狼

【シナリオデモ開始】
輸送機・機内
〔爆発音〕
〔画面、振動〕

ジョナサン「うわっとと! もっとスピードは出ないのか!?」
連邦軍兵「やってます! しかし、相手の反応が早く、輸送機では振り切れません!」
ジョナサン「護衛の戦闘機は!?」
連邦軍兵「すでに撃墜されています!」 〔爆発音〕
〔画面、振動〕

ジョナサン「! や、やっぱり死ぬのはナシだ!」
地球連邦軍北米支部ラングレー基地
ATX計画ラボ
マリオン「緊急出撃…?」 マリオン「………チャンスね」
リシュウ「なに…?」
マリオン「キョウスケ少尉、少しよろしくて?」
キョウスケ「何か? 今、出撃命令が…」
マリオン「そのことよ。あなたには…アレに乗っていただきます」
キョウスケ「あれ…? まさか、『アルトアイゼン』に?」 リシュウ「…どっちもどっちじゃと思うがのう」 キョウスケ「となると…今回の戦闘はテストも兼ねると?」
マリオン「ご名答。多少荒っぽく使っても大丈夫よ。フフ…」
リシュウ「待て待て! アルトはまだ赤ん坊も同然じゃぞ!」
マリオン「ですから、ゲシュペンストMk-IIIでしてよ!」
リシュウ「わかったわかった。とにかく、あれのコンセプトは極端すぎる。調整は慎重にせんと…」 リシュウ「で、出刃包丁じゃと!? 武士の魂を何だと…」 マリオン「ウフフ…リシュウ先生と違って、少尉には見る目があるようですわね」 マリオン「馬鹿げた……ッ!?」
キョウスケ「失礼…」
リシュウ「そりゃそうじゃろ。特にアルトの杭打ち機なんぞ、実戦では使い物にならんわい」「武士なら、剣が一振りあれば充分じゃ」 キョウスケ「リボルビング・ステーク…要はジェット・マグナムと同じ様に使えば、問題はないはずです」
リシュウ「まあ、お前さんがそういうのなら…」
〔通信のコール音〕
エクセレン「へっきし!」
キョウスケ「…む? 風邪か、エクセレン?」 ブリット「あとは少尉だけです! 急いでください!」
キョウスケ「了解した。新型で出る」
ブリット「新型!? 少尉、いきなりで大丈夫なんですか? 慣れたMk-IIの方が…」
マリオン「基本はゲシュペンストよ。それに…私も行きますわ」
リシュウ「何? おいおい、マリオン…年寄りの冷や水ってのは若い者に嫌われるぞ」
マリオン「年寄り…!? 失礼な!」
キョウスケ「…エクセレン、もう少しかかる」 キョウスケ「わかっている。アルトの準備が済み次第、すぐに行く…!」 キョウスケ「了解した」
【シナリオデモ終了】


サブタイトル
「鋼鉄の孤狼」


【戦闘マップ開始】
〔味方ユニット出現〕
〔敵ユニット出現〕

ジョナサン「救援部隊は来てくれるのか!?」
連邦軍兵「連絡は受けました! ラングレー基地のATXチームがこちらに向かっているそうです!」
ジョナサン「ゼンガー達か! よし、もう少し頑張るんだ!」
所属不明兵「引き返せ、テンザン! お前の機体はまだ連邦側に知られるわけにはいかない!」
テンザン「ゴチャゴチャうるせえな。もう遅いっての」
所属不明兵「何!?」 所属不明兵「き、貴様…! 上に報告するぞ!」 所属不明兵「お、おのれ…!」
<3PP・味方援軍1出現>
テンザン「何やってんだ、ったく。相手はタダの輸送機だろうが! さっさと落とせっての!」
ジョナサン「ゼンガー達はまだか!? このままじゃ積み荷が…!」
[デモムービー「アルトアイゼン登場」]
〔味方戦艦出現〕
〔味方ユニット出現〕

キョウスケ「間に合ったか!?」
テンザン「ホ! 援軍のお出ましかよ。しかも、データにないタイプか」「連邦にはゲシュペンストくらいしかねえと思ってたが、赤いカブトムシ…隠しキャラかよ」
ジョナサン「! あのPTはまさか…!?」
ゼンガー「エクセレン、ブルックリン、出るぞ!」 ゼンガー「お前が必要だと思うのなら、構わん。『武器選択』で武器を選び、装備して出撃しろ」
ブリット「はいっ!」
エクセレン「あらん、『修理装置』もあるじゃなぁい? 念のために持って行きましょか」
〈出撃準備〉
マリオン「ゲシュペンストMk-III…調子はいいようね」 マリオン「欠陥機!? その言葉は聞き捨てならなくてよ! Mk-IIIは十分に…」
エクセレン「…あの~」
ゼンガー「アサルト1より各機へ。カザハラ博士の輸送機を援護しつつ、識別不明機の迎撃を行う!」
キョウスケ「アサルト4、了解」
ブリット「キョウスケ少尉、大丈夫なんですか!?」 ジョナサン「気をつけろ。敵機の中にアーマードモジュールがいるぞ」
マリオン「何を馬鹿な。あれはまだ……」
ジョナサン「いや。私の見たところ、EOTI機関ではすでに量産化まで進んでいるようだ」「奴らは…本気だぞ」 ジョナサン「お、おいおい」 ブリット「戦争ゲームだって!?」 キョウスケ「ふかすたびに、若干引っぱられる感があるが…慣れの問題か。やってみるしかあるまい…」
エクセレン「ちょっと! 聞いてる?」
キョウスケ「…興味がない。言わせておけばいい」 キョウスケ「………」 キョウスケ「…だいたいは飲み込めたが、結局は使ってみないとわからんか」「よし…行くぞ、アルト」
テンザン「この野郎! 俺を無視しやがったな!?」
<キョウスケvsテンザン>
テンザン「てめえ…さっきのセリフ、カチンと来たっての!」
キョウスケ「知らんな。楽しむんじゃなかったのか?」
テンザン「俺は無視されるのが嫌いなんだよ!」
<エクセレンvsテンザン>
テンザン「お? このゲシュペンストはお姉ちゃんパイロットかよ」 テンザン「やめとくぜ。現実のお付き合いって奴は面倒臭くていけねえっての」
エクセレン「…世代なのかしらねえ?」
<ブリットvsテンザン>
テンザン「さあ、楽しもうぜ! 命を賭けたゲームって奴をよぉ!!」
ブリット「ふざけるな! 戦争を何だと思ってるんだ!」
テンザン「だから、ゲームだっての。バーニングPTなんかより、緊張感と刺激って奴が違うんだよ!」
ブリット「くっ! お前みたいな奴に負けてたまるものか!!」
<ゼンガーvsテンザン>
テンザン「隊長機か! ヘヘッ、頭を潰すのはゲームでも戦争でも常道だっての!」
<タウゼントフェスラー(マリオン搭乗機)vsテンザン>
テンザン「輸送機なんざ、このリオンの前じゃタダの雑魚キャラだっての!」 キョウスケ(…先に自分の身を守ることを考えてほしいが…)
<テンザン撃破>
<敵全滅・勝利条件達成>
ブリット「敵機、撤退しました」
※※キョウスケが5機以上撃破の場合のセリフ※※
キョウスケ「終わったか。…こいつにはだいぶ無理をかけてしまったな」
マリオン「…すばらしい…! すばらしいわよ、キョウスケ少尉!」
キョウスケ「…?」 エクセレン「あらら…歯が立たなかったらどうするつもりだったんだか…」 マリオン「もう何の問題もないわ! Mk-IIIもきっと喜んでいるわ。きっと、いいえ、間違いないわよ」 マリオン「関係ありませんわ」 ジョナサン「…随分な扱いだな」
ブリット「相変わらずきつい人だ…」
エクセレン「獅子身中のムジナねえ」
ブリット「少尉、それを言うなら『ムチ』ですよ」
キョウスケ「…『虫』だ。しかし、あの部隊は主力ではない…もっと楽に倒せなければ…」 ジョナサン「敵のAM…アーマードモジュールは空戦型の人型機動兵器だ」
※※キョウスケが4機以下撃破の場合のセリフ※※
キョウスケ「終わったか」
マリオン「終わったか…じゃ、ありませんわよ」
キョウスケ「…?」
マリオン「少尉、何なの? 今回の戦績は!」
キョウスケ「戦績…と言われても、まだアルトは慣らしの途中です」 エクセレン「まあまあ、キョウスケもがんばってたんだし。それにカザハラ博士だって…」 ジョナサン「あ、あのねえ」
ブリット「相変わらずきつい人だ…」
エクセレン「獅子身中のムジナねえ」
ブリット「少尉、それを言うなら『ムチ』ですよ」
キョウスケ「…『虫』だ。しかし、おれがこいつをのりこなせなかったのは事実…」 ジョナサン「陸戦型のPTで対抗するのは難しい。しかし…」
ゼンガー「何か打開策が?」
ジョナサン「答えは私が運んで来た積み荷だ」
マリオン「積み荷…? もしかして、例のドライブ…!?」
ジョナサン「…ああ。ウチの研究所でも、あれの小型化を進めていたんでね」
マリオン「……!」
キョウスケ(感じから見て、強力な対空兵器か…飛行そのものを可能とする装置…)(だが、このアルト…そんなものなしで使いこなしてみたいが…)
【戦闘マップ終了】
【シナリオエンドデモ開始】

地球連邦軍北米支部ラングレー基地
地球連邦軍ラングレー基地 司令室 ゼンガー「ビアン・ゾルダーク博士率いるEOTI機関が連邦への反乱を目論んでいるのは確実かと」 ゼンガー「ええ」
● 【超美品✨】未使用 TROPHY CLOTHING トロフィークロージング>No3B「斬られる前に斬れ」 へ戻る
● DSQUARED2 超希少52サイズ SKINNY DAN JEAN>No5B「天の龍、異界の風」 へ進む
◆ 【定価3.2万】FRAY I.D フレイアイディー ライナー付 トレンチコート>「スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION1」 へ戻る
◆ あんスタ 中国 星之所向 缶バッジ レオ>「スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS」 へ戻る


当館の内容は、各社からの正式許可を受けてはおりません。